総量規制対象外カードローンで一本化するならどこがおすすめ?

総量規制対象外カードローンを利用して債務を一本化するのであれば、「金利が低い総量規制対象外カードローンを優先する」という考え方が最善です。もちろん、一本化を目的としている以上は「確実に一本化できることが重要」になるので、債務総額によって選択できる総量規制対象外カードローンが限定される可能性はあります。

例えば、債務総額500万円の人が最高融資限度額300万円の総量規制対象外カードローンを利用しても一本化することができないので、少なくとも最高融資限度額500万円以上の総量規制対象外カードローンを選択することが必要です。

その際、500万円の債務を一本化するために500万円以上の最高融資限度額が設定されている総量規制対象外カードローンを利用することが大切ではあるのですが、最高融資限度額800万円や1000万円という総量規制対象外カードローンを利用するよりも、ギリギリ間に合う程度のものを利用した方が低金利で利用できる可能性が高くなります。

その理由は、「金利設定は対象の総量規制対象外カードローンが備える最高融資限度額に近づくほど低くなる」という特徴があるためです。間違いなく限度額いっぱいになる契約をする場合と余裕がある場合では、前者の方が低金利で契約できる可能性が高くなるため、そちらを選択した方が良いということです。最終的には、その点を踏まえ、選択肢の中から最も返済の負担を軽減できる方法を選択することがおすすめです。
関連サイト